仮想通貨市場の今後は予測できるのか?

仮想通貨の市場価値と今後の動向

仮想通貨の現在と未来

仮想通貨の仕組みとは

仮想、という文字から与える印象でしょうか、少し怪しいようなイメージを持たれてしまうこともある仮想通貨ですが、日本の法律の中でも定義されており、れっきとしたお金としての価値があるものという事になっています。
元々お金は、国が管理者になっていて国ごとに使えるお金は違っていますが、仮想通貨は国では管理していませんね。
国が管理していないお金なので、どこの国でも同様の価値があるお金として流通させることができるのです。
となると夢のような通貨という感じがしてきます。
しかし、その分ニュースになったように、盗まれるなどというリスクが国が管理する通貨に比べて高いということも言えるのが、現在の仮想通貨ということになります。

仮想通貨の市場規模を知ろう

2018年を過ぎると仮想通貨の市場規模は、30兆円を超えていく状況にあるようです。
金額で表してもあまりピンとこないのですが、日本の国家予算が100兆円ということをかんがえると、ここ1年で急激な成長をとげている市場といえます。

そして、意外と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、仮想通貨の取引額が一番多いのは日本なんです。
なんと、全体の取引の半数ほどを日本が占めている状況になっています。
色々と問題があったりなどした時期から、法の整備などがなされ、以前よりも安全に取引が行える状況になってきたからというのも、大きな理由のひとつではないでしょうか。
こうなってくると、今後の規模の拡大や投資としての価値がどれほどになるのか気になってきましたね。